足底板Q&A

Q.足底板はどんな靴でも作れるの?

A.中敷きが取り外せる靴なら確実に作れます。また、中敷きが靴に接着されている靴でも中敷きを外せば作れます。

(サッカースパイク、ランニングシューズ、バレーシューズ、ゴルフシューズ、バスケットシューズ、安全靴、長靴、ブーツ、革靴など)

靴をお持ちいただければ、作れる靴かどうか確認させていただくことも可能です。

なるべく足にとって良い靴で作られた方が良い為、新たに靴を買われる場合は、良い靴の選び方も説明させて頂きます。


Q.足底板は違う靴にでも入れ替えて使えるの?

A.靴の形に合わせて作る為、形が似た靴であれば入れ替えて使えます。形や大きさがあまりにも違う靴には、入れ替えて使えません。小学生などで足の成長に伴い、靴のサイズがすぐに変わってしまうような場合は、少し工夫することで長く使えますのでご相談下さい。


Q.足底板を作る靴は大きめのサイズが良いの?

A.大きめのサイズでなくて良いです。足にとって適正なサイズが良いです。適正なサイズとは、靴の先端部分をつまんだときに、ひとつまみできる余裕(約1㎝)があるサイズです。それより大きすぎても小さすぎても良くないです。

靴の先端部分をつまんだときに、つま先が触れてしまう場合はサイズが小さすぎ、ひとつまみ以上(約1.5㎝以上)の余裕がある場合はサイズが大きすぎです。


Q.足底板を入れると靴の深さが浅くならないの?

A.靴にもともと入っている中敷きと入れ替えて使う為、通常は浅くなりません。もともと深さが浅い靴の場合は、薄型を作ることも可能ですので、ご相談下さい。


その他、ご不明な点がありましたら、お気軽にお問い合わせください。