· 

右足関節脱臼骨折

右足関節脱臼骨折

55歳女性

本日、斜面を走った際、足をとられ転倒。右足関節を捻り、歩行不能となった為、来院。

初検時、右足関節外反外旋変形あり、外果、内果、後果圧痛あり、腫脹著明。

保存療法希望。

豊田市 おおつか接骨院 右足関節脱臼骨折 外観写真正面
豊田市 おおつか接骨院 右足関節脱臼骨折 外観写真前外側

右足関節は少し動かすだけでも、礫音を伴いながらグラグラ動きました。

当院初検時 超音波画像

豊田市 おおつか接骨院 右足関節脱臼骨折 超音波画像 外果
豊田市 おおつか接骨院 右足関節脱臼骨折 超音波画像 内果
豊田市 おおつか接骨院 右足関節脱臼骨折 超音波画像 後果

脱臼骨折の疑いがあった為、徒手整復後ギプス固定。

(本来は膝上からのギプスですが、訳あって膝下のギプス)

手術はしたくないとの事で、提携整形外科の先生へ精査依頼。

豊田市 おおつか接骨院 右足関節脱臼骨折 レントゲン 初診

ギプスを巻いている時にズレた感覚があった為、予想通り転位していました。

後日再整復予定。

整形外科の先生から

「本来は手術だが、保存的にやれないこともない。」

「荷重、ROMは貴院で判断を。」

とのコメントを頂き、当院で管理させて頂きました。

5日目 再整復&ギプス巻き直し。

2w+1d ギプス巻き直し(足関節中間位)。PWB開始。

3w+1d シャーレに変更し軽いROM ex.開始。

5w+1d 簡易サポーターに変更。

2ヶ月弱 FWB。歩行時痛無し。

3ヶ月 ADL支障なし。ROM制限軽度残存。

1ヶ月ごとに整形外科で診察していただき

豊田市 おおつか接骨院 右足関節脱臼骨折 レントゲン 4か月

4ヶ月目に整形外科の先生から

「ほぼperfect治癒。よくやりました。」

とのコメントを頂きました。

レントゲン上、初診時に比べ腓骨の転位も少なくなっており、ankle mortiseも問題ない感じでした。

その後、ROM制限消失し、正座・しゃがみ込みが問題なくできるようになり治癒。

接骨院にご理解のある整形外科の先生のお陰で手術せずに完治し、患者さんも大変喜んでおられました。